理想の二重は整形で可能【パッチリ目元ビューティーエンジェル】

女医

目の印象を変えよう

医者

二重整形の特徴は様々です。切開法は戻らないけど効果がわかりやすく、埋没法は元に戻せるけれど人によっては効果がわかりにくいこともあります。どの方法が自分に合っているかを無料カウンセリングなどで確認しておきましょう。

View Detail

理想の目元を定着

美容整形

自分で作るよりお得

グルーやテープを使うと簡単に二重まぶたを作ることはできます。また、つけまつ毛やまつ毛エクステをつけることで、まぶたが上に持ち上がり二重になる方もたくさんいます。このように自力で二重まぶたを作る方法はたくさんあり、毎日続けることで型がついて何もしなくても定着する方もいます。しかし全員が自力で定着するというわけではありません。メイクで作った二重まぶたはメイクを落とすと当然ながら一重に戻ってしまうという特徴もあります。ノーメイクでも維持するにはまつ毛エクステであれば維持しやすいのですが、まつ毛は常に生え変わっているので定期的に通い続ける必要があります。ノーメイクでも二重を保持することを目的とするのであれば整形をした方がかかる費用は圧倒的に安くなります。特に埋没法は一万円を切る価格設定のところもあります。糸で留めるだけの簡単な整形なので外れたり幅が狭くなったりすること、体重の増減や加齢による変化に合わせてメンテナンスすることなどは必要ですが、毎月まつ毛エクステに通い続けることを考えればずっと楽でお得であることは明らかと言えるのではないでしょうか。整形に抵抗があって自力で二重を作ることを続けているという方もいるでしょう。グルーをまぶたに塗って貼り付けている場合は皮膚が引っ張られてたるみやすくなりますし、まつ毛エクステなどまつ毛の力で持ち上げる場合はまつ毛への負担も気にしたいところです。整形はこういった様々な手間や負担からも解放されるのです。

日帰りで簡単に

二重の整形は埋没法の場合は日帰りで受けることができます。埋没法はまぶたの内側から医療用の糸で留めるだけの簡単な方法で見た目も自然に仕上がります。今までメイクやまつ毛エクステで二重を作っていた方の場合は、その作っていた状態に近い形にすることができるので、メイクをした状態ではあまり顔に変化はありません。そのため他の人から見ても整形したとは気づかれずに済むのです。埋没法では物足りないという方には切開法がおすすめです。切開法はまぶたを切開してくっきりと折り目をつける手術です。欧米人のような幅の広い二重まぶたになりたい方は切開法がおすすめです。普段テープなどで幅の広い二重を作っている方はこちらの方法がお好みという方もいるでしょう。切開法の場合は埋没法のように日帰りでは受けられません。短くても一週間ほど余裕を見てスケジュールを組んでおくと良いでしょう。どちらの方法が良いかはクリニックで決めることもできます。基本的に整形を受けられるクリニックでは、来院したその日にすぐ手術を行うということはありません。まずは二重の幅をどのくらいにしたいかシミュレーションをしながらドクターと打ち合わせをするカウンセリングを行います。この時に埋没法と切開法で迷っているのであれば、どちらが好みかドクターと相談しながら決めていくと良いでしょう。クリニックによっては他にもいろいろな手術方法があるところもあります。まずはクリニックで仕上がりのイメージをシミュレーションしてみましょう。

検討することが大事

注射

一重まぶたから二重まぶたに整形する人が増えてきています。今後はさらに料金もリーズナブルになり、希望者が増えることが予測できます。ただし、悪質業者を見極める力が必要です。施術の失敗やトラブルなどがあるからです。

View Detail

人には聞きにくい疑問点

看護師

二重の整形手術を受けた日は入浴は体の汗をさっと流す程度にとどめ、腫れが引くまでは目元を濡らさないように気をつけましょう。クリニックは安ければ良いというわけではなく、経験や実績が豊富でアフターケアがある信頼できるところを選びましょう。

View Detail